ハゲと犬

裏アパッチなう。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事柄フリースタイルの脱糞が多い。
山でのマナーの話。
山や森の中での仕事がたまにある。
そうゆう時に限って腹の調子が良くなかったりするものだ。
もちろんトイレなどあるはずなど無く、必然的にフリースタイルを強いられる。
その日も腹の調子は下りぎみ。いつものようにためらい無く茂みの奥深くに入り用を足そうとした。
その一連の動作はまさに野生動物のそれである。
「いつものように」それが心に隙をつくってしまった。
ふと顔を上げると、前から人が歩いてくるではないか!
トレッキングか山菜採りにきたおばさんだろう。
「ヤバい」まだ作業中だ。どうしよう?どうしよう?
このまま気配を殺しておけば気づかずに通りすぎるかも?
いや、それは無理。上半身は茂みに隠れていない。
5〜6m手前でおばさんも私の存在に気付いた。
私がそこで何をしているのかもわかったようだ。気まずい顔をしている。
頼む、見て見ぬ振りをして通りすぎてください!早く!
あーもう!早くして!
次の瞬間、おばさんは信じられない行動をとった。
「こんにちは」
なんと!あいさつをしたのだ。
たしかにあいさつは山でのマナーである。だがこの状況ではあいさつしないのがマナーではないのか?
てか、自分がマナー違反か?しかし返さないのもマナー違反だ。
「こんにちは」
私は笑顔で返した。
やりきれない想いで胸が張り裂けそうだった。涙が出そうになった。
悲しいわけではない。くやしいわけでもない。
その理由はあの時の空だけが知っている。
あれから何年か経った今でも山でのあいさつは欠かした事が無い。
みなさんも山ではちゃんと挨拶しましょうね!











スポンサーサイト

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hagetoinu.blog.fc2.com/tb.php/6-5681c96a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

オバハン日めくりカレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。